塩分控えめ

社会人を受け入れる大学に入って 4年間勉強。家事、子育てとの両立はとても大変だったという。卒業と同時に管理栄養士に合格したが、それから 2年間は専業主婦に徹した。学生時代、子供に寂しい思いをさせた分、ここで取り返したのである。その後老人福祉センターで 2年勤務ののち、半年のインターバルを置いてさくら苑にやってきた。取材日がちょうど 2か月目。今はまだ毎日が必死だが、家族には生き生きしていると言われる。 献立作成では、なるべくたくさんの食材を使い、食べやすくて飽きがこないよう工夫しているという。食材の発注などで失敗した日は落ち込みもするが、「お弁当がきれいでおいしかった」と手紙をもらった時は最高に嬉しかった。 「私はこの年になって、自分の求めていたものを見つけることができました。でもね、若い人が福祉をめざすなら、どんどんボランティアに出てお年寄りと接してほしい。おかゆのように柔らかなものでも飲み込めない人がいるなんて、若いときにはなかなか理解できないでしょうから」。  町の食堂からホテルのレストラン、学校の給食や会社の食堂:::調理師の守備範囲は非常に広く、料理の内容もさまざまだ。食べるということは生きるうえでいちばん大きな楽しみであり、命を支える基本でもある。だが医療や福祉の分野の調理は、一般の調理とは少し違う。まず食べる人の基礎代謝に合わせて量をかげんする。それから健康を維持するため塩分は控え目になっている。

出典元:

Comments are closed.